みのわーるど::Blog

茨城のシェアハウスの中にある会社で働くITベンチャー役員の奮闘記。

Ubuntu10.04に快適なRails開発環境を整える (前編)

私の環境はUbuntu10.04ですが、多少前のバージョンでも大丈夫だと思います。根拠はありません。

  • RVMを用いたrubyのインストール
  • railsのインストール
  • geditをrails開発用にカスタマイズ

の章立てで行こうとと思います。

1. RVMを用いたrubyのインストール

現時点で、rubyのバージョンについて、1.8.7から1.9.2への過渡期ではないかと思いますので、RVM(Ruby Version Manager)を使用して複数のrubyが使えるようにしておくと後々役に立つのではないかと思います。
今からrailsの学習を始めるよという人は、ruby1.9で始めればいいと思いますが、将来同じような問題に遭遇する可能性はあるので、やはり導入をおすすめします。

前置きが長くなりましたが、始めます。

git、curl、またrailsの標準DBであるsqliteなどが必要なのでまずは、以下のコマンドを打ってください。

sudo apt-get install git-core curl zlib1g-dev sqlite3 libsqlite3-dev

続いて、RVMをインストールします。

bash < <(curl -s https://rvm.beginrescueend.com/install/rvm )

最後に w⦿‿⦿t なマークが出てくれば問題ないのだと思います。

インストール中に出てきた指示内容に従い、以下の内容を各自が用いているシェルの設定ファイル(大体は.bashrcかな...)に記述します。*1

[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && . "$HOME/.rvm/scripts/rvm"</pre>

それでもって変更を適用します。

source .bashrc


要するに、以下のコマンドを打って、

/home/yuichi% rvm -v
rvm 1.6.20 by Wayne E. Seguin (wayneeseguin@gmail.com) [https://rvm.beginrescueend.com/]

と出てくればRVMのインストール作業は終了です。

RVMの詳細な説明は他に譲ります。アプリケーションごとにgemを設定できるgemsetsなどの概念もあって、とても便利です。マシンに直接gemを投入していくと、とても汚くなってしまうので、とりあえずruby1.9.2をインストールしてしまいましょう。

rvm install 1.9.2
rvm list

でインストールされていることが確認できます。その他にもいろんなrubyがインストールできます。(rvm list khownで参照)

使用するrubyを選択するには

rvm use 1.9.2(デフォルトで使うなら rvm use --default 1.9.2)</pre>

とすればOKです。

次に、せっかくRVMを導入したので、rails3用のgemsetを用意してしまいましょう。

rvm gemset create rails3

以降はruby1.9.2とこのgemsetをデフォルトで使用していくので

rvm use --default 1.9.2@rails3

とします。

2. railsのインストール

Railsのインストールには以下のコマンドを打てば大丈夫だと思います。

gem install rails

File not found: lib. というメッセージが垣間見えて、鼻がムズムズしますが、動作に影響はないので無視することにします。

rails -v

として、バージョンが表示されればインストール完了です。お疲れ様でした。

3.についてはまた次回と言う事で。。。

*1:すでに記述が見られる場合には、ここの手順は飛ばしていいです。