みのわーるど::Blog

茨城のシェアハウスの中にある会社で働くITベンチャー役員の奮闘記。

インプレッサ XV整備録その1:デットニング作業録

通勤車の買い替え熱が高まる一方、妻から強く止められているので、取り急ぎスピーカー交換、デッドニング処理を行いました。その作業記録です。

デットニング系で購入したものは以下の通りです。ほぼAmazonが最安値に近い値段だったと思います。

エーモン 1423 内張りはがし(DX)

エーモン 1423 内張りはがし(DX)

エーモン 2190 デッドニングキット

エーモン 2190 デッドニングキット

加えて、なぜかうちの会社、レジェトレックスの在庫が大量に倉庫にあったので、それを拝借しました。

f:id:yminowa:20141101121112j:plain

作業記録

基本的には、購入したデットニングキットの順番に従っています。

Step1. 内張りを外す

まず、ドア2箇所のネジを外します(下図)。
f:id:yminowa:20141103105422j:plain

ちょっと隙間がありそうな箇所に内張り剥がしを忍ばせて引張り、外していきます。初心者なのでためらいましたが、ここは遠慮せずに、バリバリと垂直方向に引っ張ってしまって大丈夫です。

剥がした後は、ドアロックのワイヤーと、パワーウィンドウのコネクタを外します。コネクタの方は最初、勝手がわからず手こずりました。参考URL先で言及されているように、ドアを縦にして爪の部分を外してやるとよかったです。そして内張りが外れます。

f:id:yminowa:20141103111131j:plain

Step2. ビニールとブチルゴムの除去

ビニールを剥がし、ブチルゴムを外していきます。このブチルゴム、とても厄介なのですが、ビニールを剥がしてくっついてきたブチルゴムを使ってくっつけて引っ張ると、とても綺麗に除去することができました。

f:id:yminowa:20141103112346j:plain

また、ビニールにくっついている防音シート?は、レジェトレックスの型取りに利用するで、破かないように注意します。

Step3. 脱脂

汚れがついていると、後に剥がれたりする原因となるので、丁寧に脱脂します。レジェトレックスを貼り付けた後ならわかりますが、これは裏側がブチルゴムなので、万一剥がれた後にどうにかするのは困難だと思います。

Step4. アウターパネルに防振、防音シートの貼り付け

マニュアル従って、防振、防音シートを貼り付けます。スピーカー裏を中心に貼っていきます。私の場合、前述の通りレジェトレックスが大量にあったので、アウターパネルにもペタペタしました。(効果はあるのだろうか?)

Step5. レジェトレックス(制振シート)の貼り付け

サービスホールを手当たり次第ふさいでいきます。大きなサービスホールについては、ビニールについていた防音シートで型取りをして貼ると良いと思います。

f:id:yminowa:20141103132807j:plain

Step6. スピーカー取り付け

以下を参照ください。

Step7. 内張りの取り付け

内張りを取り付けて完成です。ここで、運転席のパワーウィンドウの自動開閉が効かなくなっているので、設定します。色々方法あるみたいですが、私の場合、パワーウィンドウが下がりきっても、ボタンを数秒押し続けることで復活しました。

以上になります。片方だけで3h程度かかった気がします。。。

後日談

  • 初心者なら、ほぼ一日費やすことを覚悟したほうがよい。
  • 特に静粛性が向上したとかは感じない。後日、トランクやリアシート下の対策も必要なのかな。こうやってハマっていくんだな。。。
  • 運転席、助手席とも、ドアを開閉しようとすると、パキパキなるようになってしまった。。。後日調査予定。

費用 (購入当時)

品目 価格
内張りはがし ¥ 1,127
デットニングキッド ¥ 5,980
¥ 7,107